大学生のうちに旅行をたくさんしよう

社会に出ると、お金はあっても、学生のころに比べて、自分のために時間を使うことが難しくなります。
会社によっては、有給休暇が取りにくい会社もたくさんありますし、長期休暇を取る、なんて年に多くても1、2回。

先に社会人になった先輩として、今、学生である人たちに、一番伝えたいことは、「時間を有意義に使ってほしい」ということです。
では、どんな使い方をしたら時間は有意義なものになるのでしょうか。
私はその答えこそが、旅行をすることだと思うのです。
行かなくても、困ることはありません。
もちろん、義務づけられているわけでもありませんし、出かけることをせず、ただ毎日をのんびり過ごしていくということに魅力を感じる人もいるかもしれません。
でも、旅行ほど人生を豊かにするものはないといっても過言ではありません。
特に大学生の間は、時間がたっぷりあります。
1か月以上の夏休みに加え、春休みは、3か月近くありますよね。
また、大学3、4年になると、授業がぎっしり詰まっているということも少なくなるので、さらに時間が作れます。
私自身も、大学生の休みを利用して、国内外、様々なところを訪れました。
国内では、日本の歴史に触れたり、その土地の名産品を食べたり、人の温かさに触れたり、地域によって風習が違うことに気付いたり、様々な楽しみ方ができました。

私が特に好きなのは、京都や奈良などの日本を強く感じられる場所ですが、どこを訪れても、また来たいと思わせるような、その土地ならではの良さがあるということも魅力です。
海外では、日本との文化や世界観の違いに驚いたり、言葉の壁に気づき、でもそれをも上回る、心の通わせ方を知ったり。
国内とはまた違ったことをたくさん感じることができました。
世界が広いということを目の当たりにして、自分がとてもちっぽけな人間だと思った時、どう生きていきたいのか、一番大切なことを考えられるきっかけにもなるのではないでしょうか。
海外を訪れるのには、時間だけでなくお金もかかってしまうので、なかなか厳しい面もありますが、少し無理をしてでも経験することは、自分自身の財産になると思います。
大学生の皆さん、毎日ただ時間が過ぎていくのを見送っているのではなく、これから社会に出る前に、まず、航空券予約格安を活用して自分の知らない世界を見て、触れて、感じて、色々な刺激の中で、自分の人生を見つめてみてはいかがですか?
そこには、学生ならではの、時間、経験、気持ちがたくさんあふれているはずです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

△PAGE TOP